平均寿命と健康寿命

昨日(12月20日)、厚生労働省は最新(2019年調査)の平均寿命と健康寿命の結果を発表しました。
平均寿命:男性81.41歳、女性87.45歳。
健康寿命:男性72.68歳、女性75.38歳。前回の調査(2016年)と比べて、男性は0.54歳、女性は0.59歳延びています。

”平均寿命” とは、簡単に言うと、何歳まで生きられるか。寝たきり等も含まれます。
”健康寿命” は、「健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間」。簡単に言うと、何歳まで元気でいられるか。

”平均寿命” ー ”健康寿命” = 不自由な生活の期間
これは、男性8.73年、女性12.07年
前回の調査と比べ、男性は0.11年、女性は0.28年短くなりました。良い傾向ですね。

延ばしたいのは、”健康寿命”。不自由な期間を短くしたい。

”健康寿命” を延ばす為には、どうすれば良いでしょうか?
間違いなく、運動は必須ですね。

運動の目的は

私達、株式会社PUREROADは、定期的かつ継続的に運動する事、身体活動する事を推奨しています。
では、運動する事の目的は何でしょうか?

健康のため。
体力を付けるため。
運動そのものが楽しいから。
競技力アップ。
人それぞれに理由があると思います。

特に中高年位になると、身体を動かす機会が減って来る人が多い。
健康維持・増進のために運動する事は良いことですね。

運動する事で、血流が良くなったり、エネルギー代謝が促進されたり。
身体に良い影響があります。

私達が考える一番の目的は、「快適な毎日を送れるように」
健康な身体を獲得する事で、思い通りに動ける。
不自由が無く、自然に動けることで、
気持ちも晴れやかに、豊かに過ごせる事を望んでいます。

18217人の健康運動指導士

「健康運動指導士」という資格をご存知でしょうか?
認定している「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」のサイトによると、
「個々人の心身の状態に応じた、安全で効果的な運動を実施するための運動プログラムの作成及び指導を行う者」
「保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う者」と、表記されています。
資格保有者は、全国で18,217人。(令和2年12月現在)
私も健康運動指導士のひとりです。

病気や怪我を診るのは医師。
そこから回復のためのリハビリテーションを行うのは理学療法士。
一方、要介護や要支援の方に携わるのは介護士。

健康運動指導士の役割は、
病気や怪我をしないように、
要介護にならないように、
その予防や健康な身体、体力の維持や増進のための運動を
それぞれの方に合わせてご指導する事だと考えています。

日常生活に直結する動作の改善。
病気や怪我をせず、元気でいられる事が幸せですね。

運動「週1日以上」が6割

スポーツ庁の調査によると、週に1日以上運動する人が約6割であると発表されました。これは、過去最高の数字だそうです。

やはりコロナ禍の影響で自宅に居る時間が増えた → 動かなくなった → 運動不足を感じて、という結果でしょう。

外出自粛により、自宅で運動する人が増えています。どのような事を行っているのか別の資料によると、筋力トレーニング、ストレッチング、ウォーキングなどが多いようです。
自宅でも、色々な運動ができます。コロナ禍が落ち着いても、運動する習慣が続くと良いですね。

自宅で運動と言われても、本や動画を見ても良く解らない。やりにくい動きや痛みがある、などお悩みの方は 訪問トレーニングのサービス ぴゅあさぽ をご利用ください。

「ぴゅあさぽ」スタート

10月より、新サービスとして「ぴゅあさぽ」をスタートさせました。
ぴゅあさぽ」は、中高齢者や低体力者に向けた「転倒予防、介護予防、体力向上」を目的とした ” 訪問型パーソナルトレーニング ” と、日常の「ちょっとした ” 家事のお手伝い ” 」を組み合わせてサポートする、新しいカタチのサービスです。

外出が困難な方や、他人と一緒に運動したくない、など自宅での運動を望む方へトレーナーがお伺いしてご指導致します。
ご自宅まで伺いますので、お手伝いできる家事(例:買い物代行、荷物の整理、掃除機掛け など)のご要望がありましたらお応え致します。

目的は、” 快適な毎日を送る ” ため。皆様のお力になりたい所存です。
ぜひ、ご利用ください。