運動で死亡リスク4割減

昨日の「日経スタイル」さんのメルマガで
筋トレ・有酸素運動 国推奨レベルで死亡リスク4割減
と言う記事がありました。

アメリカでの話ですが、国が出している運動のガイドラインを検証した内容で、
推奨する運動を実践したいる人は、していない人と比較して、
死亡リスクが低い、と言う結論です。

死因や運動の種類・組み合わせによって、バラつきがあるものの、
全てにおいて運動を継続して行っている方が、死亡リスクは低い。

やはり、運動は健康づくりに有益だと言えますね。

「ぴゅあさぽ」スタート

10月より、新サービスとして「ぴゅあさぽ」をスタートさせました。
ぴゅあさぽ」は、中高齢者や低体力者に向けた「転倒予防、介護予防、体力向上」を目的とした ” 訪問型パーソナルトレーニング ” と、日常の「ちょっとした ” 家事のお手伝い ” 」を組み合わせてサポートする、新しいカタチのサービスです。

外出が困難な方や、他人と一緒に運動したくない、など自宅での運動を望む方へトレーナーがお伺いしてご指導致します。
ご自宅まで伺いますので、お手伝いできる家事(例:買い物代行、荷物の整理、掃除機掛け など)のご要望がありましたらお応え致します。

目的は、” 快適な毎日を送る ” ため。皆様のお力になりたい所存です。
ぜひ、ご利用ください。

ピュアフィット 11周年!!

プライベートトレーニングスペース PUREFITT は、設立から11周年を迎えました。
今年は、かつてない「コロナ禍」で、まだまだ不透明な状況が続いています。そんな中で11周年を迎えられた事は、クライアントさんとサポートしてくださっている方々のおかげです。感謝申し上げます。

これからも、”快適な毎日を送るため” の、”思い通りに動ける身体づくり” に尽力して参ります。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

休業延長のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のための東京都における緊急事態措置等期間が延長されました。
それに伴う休業要請に応じて、当社の「トレーニングスタジオ」並びに「訪問トレーニング」サービスのご提供は、5月31日まで休業する事に致します。
ご利用頂いております皆様には、ご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

休業のお知らせ

休業のお知らせ

4月7日の政府による緊急事態宣言及び10日に発せられました東京都からの休業要請を受け、当社の「トレーニングスタジオ」並びに「訪問トレーニング」サービスのご提供は、5月6日まで休業する事に致します。
ご利用頂いております皆様には、ご不便をお掛け致しますが、ご理解とご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

16%:魚を食べると認知症になりにくい

東北大学の研究では、普段、魚をよく食べる人は、あまり食べない人に比べて、認知症を発症するリスクが16%低い傾向にあると分析しました。
魚の摂取量が多い程、認知症になりにくい、と言う事です。

魚(特に青魚)に含まれる、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、認知機能低下の予防に役立つと言われています。

日頃から積極的に魚を食べる事が、認知症の予防に効果があると言えそうです。

 認知症の予防にも 表参道のパーソナルトレーニングスタジオ PUREFITT

ピュアフィット10周年!

プライベートトレーニングスタジオ PUREFITT は、設立から10周年を迎えました。クライアントさんとサポートしてくださっている方々のおかげです。感謝申し上げます。
10年前と比べると、取り巻く環境も随分変わりました。これからも、”思い通りに動ける身体づくり” と言うコンセプトは変えず、しかし時代のニーズに応えられるよう、尽力して参ります。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

フィットネス業界の現状・今後の動向について

就活エージェント「キャリアチケット」さんのサイトに、当社 代表取締役 渡辺が「フィットネス業界の現状・今後の動向について」を執筆致しました。

記事はコチラをクリック

就活生さん達のお役に立てましたら幸いです。
ぜひ、フィットネス業界で一緒に働きましょう!日本の健康のために!

講演「快適な毎日のために」

5月18日、クシマ電気株式会社様にて、当社 代表取締役の渡辺が 講演「快適な毎日のために」を行いました。働き盛り世代に気を付けて頂きたい 生活習慣病や、その先の健康寿命について、今から取り組める事をお話しました。
日常からちょっとした運動を取り入れて、いつまでも快適な毎日を過ごせますように。

アルツハイマー病の危険因子

厚生労働省によると、平成24年現在の日本における認知症有病者は462万人、軽度認知障害の方は約400万人とのこと。

認知症の50~75%が、アルツハイマー病によるものとされている。
アルツハイマー病の危険因子は、高血圧や糖尿病、喫煙等、様々あるが、 アメリカのある研究機関は、「身体的不活動」が最も強い影響を持つ、と発表した。

この結果は、何かを考えさせられませんか?

つまりは、運動不足ということ。
あるいは、日常生活の中で、なるべく身体を動かす事が、認知症の予防につながる、と言うことです。

健康・体力づくり事業財団 「財団認知機能を予防するための身体活動とその効果」より

認知症の予防にも 表参道のパーソナルトレーニングスタジオ
PUREFITT