16%:魚を食べると認知症になりにくい

東北大学の研究では、普段、魚をよく食べる人は、あまり食べない人に比べて、認知症を発症するリスクが16%低い傾向にあると分析しました。
魚の摂取量が多い程、認知症になりにくい、と言う事です。

魚(特に青魚)に含まれる、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)は、認知機能低下の予防に役立つと言われています。

日頃から積極的に魚を食べる事が、認知症の予防に効果があると言えそうです。

 認知症の予防にも 表参道のパーソナルトレーニングスタジオ PUREFITT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です