筋肉が多い人は、風邪をひきにくい?

新日本大学レスリング部で同期だった、武藤健司、蝶野正彦、橋本欣也の3人も、気が付けば48歳。
仕事もプライベートも毎日充実しているものの、自分の身体や健康について色々と気になることが。。。
そこで、表参道のパーソナルトレーニングスタジオ「PUREFITT」でトレーニングを始めた3人。
そのワンシーンを覗き見。

「先日から風邪をひいてしまったようです。最近、どうも風邪をひきやすくなったんですよね。」
蝶野正彦の顔色が冴えない。しかし真面目な性格の彼は、約束の時間通りにパーソナルトレーニングスタジオピュアフィットを訪れた。

「急に寒くなりましたからね。では、今日は軽めのメニューにしましょう。気分が悪くなったら、すぐに仰ってくださいね。」トレーナーの渡辺の言葉に蝶野も安心したようだ。

「すみません。お願いします。若い頃に比べて、体力が落ちているんでしょうかね?」
「免疫力が低下しているのかも知れませんね。筋肉の中には、グルタミンというアミノ酸があります。このグルタミンは、ウイルスと戦う免疫細胞であるリンパ球を増やします。つまり筋肉量が多い人は、少ない人に比べて免疫力が高い。ゆえに風邪をひきにくい、という事も言われます。また、筋肉量が多い人は体温も高い。これも免疫力を高めるひとつの要因です。」
「そうなんですか。筋肉には色々な役割があるんですね!」
「はい。筋肉を付ける目的は、見た目だけの事ではありません。そうと解れば蝶野さん、さあトレーニング始めましょう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です