新日本大学レスリング部で同期だった、武藤健司、蝶野正彦、橋本欣也の3人も、気が付けば48歳。
仕事もプライベートも毎日充実しているものの、自分の身体や健康について色々と気になることが。。。
そこで、表参道のパーソナルトレーニングスタジオ「PUREFITT」でトレーニングを始めた3人。
そのワンシーンを覗き見。

ピュアフィットトレーナー渡辺:武藤さん、今日も調子良いですね!

武藤健司は、いつも元気いっぱい!トレーニングも絶好調だ。

武藤:ありがとうございます!やっぱりこうしてパーソナルトレーニングで見てもらうのと、自己流でやってるのとは違うね!(笑)

ところで、今さらなんだけど、「インナーマッスル」っていうのは、何なんだっけ?

渡辺:インナーマッスルとアウターマッスル、言葉では聞きますけど解りにくいですよね。腕や脚を動かしているのは、いわゆるアウターマッスル。インナーマッスルは、関節や身体の姿勢を安定させる役割の筋肉、と考えて頂くと良いでしょう。

ドアの開閉に例えるとイメージしやすいです。ドアと壁は蝶番で連結されていますよね。手でノブを引いてドアを開けますが、もし蝶番がグラグラしていて、しっかり固定されていないと、ドアがガタガタと不安定でスムーズに開けられませんよね。ノブを持ってドアを開ける人の手がアウターマッスル、インナーマッスルは、この蝶番のようなものです。

武藤:それは解りやすいね!つまりインナーマッスルとアウターマッスルの両方が連携して人の身体は動いている、ということだね!